詐欺サイトを徹底リサーチ!!リサーチ法律探偵事務所

年々増え続ける情報商材。魅力的なキャッチコピーで高額な詐欺商品を販売しているのが大半です。独自のルートで調べ上げた情報をレビューにて発信中。

詐欺情報商材

典型的な詐欺情報商材の例

分かりやすい典型的な詐欺情報商材の例を挙げますと、例えば、「簡単に2万円稼げる方法を教えますから、この1万円の情報を買ってください。すぐに取り返せますよ」というものですね。どんなものか分かるでしょうか。

答えは、

その詐欺情報商材を開けてみれば「簡単に2万円稼げる方法を教えますから、この1万円の情報を買ってください。すぐに取り返せますよ」ということを他の方にも奨めてください。と書かれているわけですね。

つまり、ノウハウも何も載っていなくて、ねずみ講みたいな感じで「友達を売りなさい」と指示してあるわけです。これは詐欺ですね。酷いレベルです。

詐欺とみなすか微妙なレベルの情報商材

上記で挙げた例は、典型的な詐欺ですが、じゃあ、黒か白かで言うと、たいていの人が黒と答えるっていうレベルもあります。簡単に言うと、ノウハウの体系化レベルがあまりにも低いものです。無料レポートで十分だろってくらいの。

こういうのは別に情報商材じゃなくても、書籍でもあります。「ノウハウのレベル」というと、主観的な判断になってしまうので、人によっては「おぉーすげぇ。こんな方法もあったんだ」と思うかもしれませんが、100人中95人が「なんだよこの糞ノウハウは!」と判断するならば、それは詐欺と見なされても仕方ないでしょう。

反対に、詐欺じゃない優良な商材ってのは、例えば、ルレアとかは、短期戦略から長期戦略、SEOからデザイン戦略、それらの組み合わせまで書かれていて、かなり計算され尽くされたノウハウなので、詐欺ではないと言えます。

ルレアほどの完成度レベルで詐欺と言ってしまったら、もはやこの世の情報商材は全部詐欺です。

何で金儲けの方法を教えてくれるの?

まぁ疑問に思いますよね。「何で金儲けの方法を教えてくれるの?お前が自分で独占してりゃーいいじゃん!詐欺師め!」って。こう思うのも自然ですが、勘違いをしています。

情報商材が教えてくれるのは、金儲けの直接の方法というよりは、手順や戦略です。分かりやすく言うならば、「金脈がある場所」を教えてくれるのではなく、「金脈の探し方」を教えてくれてるんですね。

分かるでしょうか?そして、金脈がある場所をそのまま教えてくれても意味がないことが理解できるでしょうか?

もしも、金脈がある場所を教えてもらっただけならば、その金脈を取り尽くしたところで終わりです。次の金脈を自分で見つけることができませんよね。要するに一時的な収入が得られるだけで、継続的に稼ぐ力は身に付かないわけです。何より、最初の数人が金脈を見つけて終わってしまいます。

でも、金脈の探し方を教えてくれたなら、人々が、それぞれ自分の金脈を見つけることができるわけです。マーケットは腐るほどあるわけですし。

アフィリエイトで例を挙げるならば

アフィリエイトというビジネスで言うと、「日焼け後 ケア」というキーワードで上位表示すれば○○○○○という商品の成約が取れて稼げますよ、ってことを教えてもらっても意味はないわけです。

その「日焼け後 ケア」というキーワードをどうやって見つけていくのか、どうやって上位表示させるのか、そこに至るまでの過程、手順、戦略を知らないとマズイわけです。

そういうことを教えてくれるのが詐欺ではない優良な情報商材です。

公開日:
最終更新日:2016/03/02